身長を伸ばすなら食事をたくさん食べた方が良い?

身長を伸ばすためには食事をたくさん食べた方が良いと言われることがありますが、それは必要な栄養素をきちんと摂取することができるからです。

身長に役立つ栄養は?

身長を伸ばす上で重要だといわれている栄養素には、タンパク質・ビタミンC・亜鉛・カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・ビタミンKなどがあり、これらをバランス良く摂取することが求められます。

日頃から食事量の少ない人はこれらの栄養素のうち何かが不足してしまうことが続き、結果として思うように伸びることができません。どれが欠けても影響を及ぼす恐れがありますので、なるべく多めに摂れるように十分な食事量を確保することが大事です。

これらの栄養素のうち、タンパク質・ビタミンC・亜鉛は骨を伸ばすために必要になるものであり、カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・ビタミンKは伸びた骨を強固なものにする働きをします。

食べる量が少なくなりがちな人は、これらの栄養素の働きをしっかりと覚えておき、どちらの働きも足りなくならないように調節する必要があります。特に亜鉛は成長ホルモンの分泌に関わっていますので、あまり量を食べられない人はこの栄養素をメインにしっかりと取り入れるようにしましょう。

また、慢性的に量が不足していると感じている場合には、それぞれの栄養素を豊富に含む食材を探してみることが大切です。

理想はたくさん食事を食べることですが

理想はたくさん食べて十分に取り入れることではありますが、人によって食べる量には大きな差がありますので、がんばっても食べられない人はいます。

その場合は無理に食べることでストレスを感じてしまい、かえって成長に影響を与えてしまうことがありますので、自分のペースで無理の無い対策を立てることが大事です。ストレスは実際に成長にとても良くないものであり、栄養素が十分に働かない原因になります。

少しずつ増やしていくと自然と十分な量を食べられるようになりますので、毎日の食事量を自分なりに調節するのもおすすめの方法です。急に増やすのは内臓にも負担がかかるかもしれませんが、少しずつならスムーズに吸収できますので、本来の働きを得やすくなります。

どうしても食事で取り入れることができない分は、サプリメントなどで取り入れても構いません。トータルのバランスが重要ですので、食べられない分を他の方法で補うのは賢い選択です。

その場合は何が足りないのかを自分なりに調べてみて、必要なものだけを取り入れることになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です